地域公共交通ネットワークの「見える化」の取り組み

地域公共交通ネットワークの見える化の説明

鉄道やバスなどの公共交通を多くの方に利用いただくには、メニューである「路線図」「時刻表」をわかりやすく提供することが第一歩だと考えております。

公共交通マップや総合時刻表などの紙の時刻表、バス停の看板やバス車両の行先表示の工夫とともに、パソコンやスマートフォンを利用した乗換案内のサービスの充実も大切です。

協力しています:中部運輸局 地域公共交通ネットワークの「見える化」について(「利用促進策」の項目を参照)

協力しています:三重県内の公共交通ネットワークの見える化プロジェクト

愛知・岐阜・三重県のバス 見える化対応状況

 

地域公共交通ネットワークの見える化の進め方

地域公共交通ネットワークの見える化の概要資料(PDFファイル)

1)既にある停留所台帳や時刻表をコンテンツプロバイダ(乗換検索サービス提供会社)に送付する方法

2)停留所・系統・時刻表を 「※見える化共通入力フォーマット」に入力してデータを整理したものをコンテンツプロバイダへ送付する方法

上記2通りの方法があります。以下のようにデータを活用される場合や、データを一覧表として整理したい場合は 「2)見える化共通入力フォーマット」に入力することをおすすめします。

<データ活用の例>

 

※見える化共通入力フォーマットは三重県内の公共交通ネットワークの見える化プロジェクトで活用しているEXCELファイルです。

 

問い合わせ先

公共交通利用促進ネットワーク 送信フォーム